あこがれる本

「K」とは、三木さんの奥さま、桂子さんのこと。
出会ってから亡くなられるまでの47年間が、
三木さん目線で描かれる。

人と一緒にいることは、楽しいことより
悩ましいことの方が多いのかもしれない。
言葉だって思いだって不確かなことだらけ。
それでも、人といたいと思ってしまう。
かといって、近すぎると息苦しくなったり・・・
人って難しいなぁ

1人の他人と死ぬまで一緒に居続けたことの証であるこの本は、
私には届かない永遠のあこがれである。


カバーの「Sleeping Child」という題の
ドガのドローイングをみてるだけで
ちょっとせつない


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cqt5

Author:cqt5
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード