午年

もうだいぶ明けてしまいましたが、
明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致します

「午年」ということで、馬が出てくるお話をご紹介

リンドグレーン作
大塚勇三訳
『ミオよ わたしのミオ』
岩波書店

金のたてがみをもつ美しい白馬、、、
なのに表紙のこのヘン顔!
でも、中の挿絵は美しく描かれてました
DSCN2072_convert_20140110171543.jpg

DSCN2076_convert_20140110171620.jpg

リンドグレーンといえば『長靴下のピッピ』が有名ですが、
こちらはあの破天荒さはまったくなく、
民話のようなおとぎ話のような、
とても美しい物語。

「夕暮れにささやく井戸」や「朝日の橋」「みどりの牧場の島」など
おとぎ話に必要なものがてんこ盛りにつめこまれています。
要所要所で繰り返される同じ言葉が、詩のようで音楽のようで
そのてんこ盛り感を払拭して
最後まで気持ちよく読ませてくれます。

こんな「王道」なおとぎ話
結局好きなんです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cqt5

Author:cqt5
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード