タルト・タタン

フランス ロワール地方にある小さな町、
ラモット・ブヴロンに今でもそのホテルは
あるそうです。
名前は『ホテル・タタン』
実際にはいろんな説があるのですが、
そのホテルを経営していたタタン姉妹が
生地を敷くのを忘れてりんごと砂糖とバターを
型に入れて焼き、あわててあとから上に
生地をのせてひっくり返してできたのが
タルト・タタン、というのがよく言われています。

いつもはフジりんごで作るのですが、
今年は紅玉で。
材料も作り方もシンプルなのに、
りんごのおいしいところが
ぎゅっと詰まってる気がします。

先週までのりんごタルトも大好きなのですが、
タルト・タタンもりんごの季節には
「食べなくては」のメニューです。

読んで下さってるあなたにも
ぜひ一度ためしてほしいのですが、
りんごが残り少なく、
今週いっぱいたりるかどうか・・・
・・・お早めにいらしてくださいね。




DSCN0395_convert_20091021122226.jpg
DSCN0394_convert_20091021122553.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ほほーなるほどそんないわれがあったのですね。
擬音で“タタンっ!”とか、“べにたま”とか、わたくしなんだかボケまくってましたね^^;

そのホテルで今でも食べられるのでしょうかね?

いえいえ、楽しかったっす♪

以前『天然生活』でホテル・タタンの写真がのっていて
すごいかわいかったんですよ~

今でも作り続けられてて、シードルとかと一緒に
あっためて食べるとか・・・

お酒とお菓子っていうのも良いですよね

プロフィール

cqt5

Author:cqt5
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード