ホッツェンプロッツのプラムケーキ

F.J.トリップの挿絵がかわいく、お話もおもしろくて大好きな
『大どろぼうホッツェンプロッツ』(プロイスラー作・中村 浩三訳・偕成社文庫)
その中に出てくる「おばあさんが焼くプラムケーキ」とは
こんな感じじゃないかなぁと、このお菓子を焼く度思います。
ドライプラムたっぷりで、シナモンと黒糖を使い
しっとりどっしりした味が、お話の舞台となるドイツのお菓子のイメージ。

おばあさんの孫のカスパールと、その友達のゼッペルは
プラムケーキが大好き。
日曜におばあさんがプラムケーキを焼くのを
1週間前から楽しみにしています。
  
  「ねえ、きみ!」とカスパールは言いました。
  「ぼく、コンスタンチノープルの皇帝になりたいんだ。」
  「どうして?」と、ゼッペルがききました。
  「だって、そうなったら、毎日、なまクリームをかけた
   プラムケーキがたべられるもの。」

毎日食べたいくらいって相当ですよね。
わたしもおばあさんに負けないよう
おいしく焼けるようがんばります。
これを読んでいただいているかた
リクエストあらば生クリームのっけにいたしますよ。
DSCN1339_convert_20110623164933.jpg

カットするとこんなかんじ
DSCN1340_convert_20110623165020.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プラムケーキ♪( ´▽`)

これは食べにいかなくてわっ
⊂((・w・))⊃

おいでませっ♥

プロフィール

cqt5

Author:cqt5
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード